So-net無料ブログ作成

メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)

 【起業を目指す常葉学園短大2年、松本結花さん】 「世界中でアニメやコミックの市場は未知数です。今や“萌(も)え”は市場を確立しています」。2月に開かれた創業支援施設「SOHOしずおか」(静岡市葵区)主宰のビジネスプランコンテスト。居並ぶ経済産業省の職員や女性起業家ら審査員を前にメード服姿で堂々と“事業計画”を説明する姿は若手実業家を思わせた。

 「就職難の学生が特技を生かして働く場所をつくりたい」と、友人2人と大好きなアニメを使ったビアガーデンの販売促進策を提案。市場分析を基にしたグッズや宣伝策の提案に「熱意が伝わった。特徴的で実現可能だ」と評価され、学生部門で優秀賞に輝いた。

 この経験を生かし、今月9日に同市清水区のエスパルスドリームプラザでドール服や携帯電話ケースを販売する「アリス トライアングル プロダクション」を5月末までの期間限定で出店した。夢は空間プロデュース会社の設立だ。「テーマパークのような誰もが楽しめる空間を作り出したい」と語り、県内外から訪れるドールファンの接客や商品の説明に精を出す。

 特徴でもあるメード姿にファンから記念撮影を頼まれることも珍しくない。だが、あどけない表情でカメラに収まる表情はまだ短大生。「商業ベースでものを考えるのは難しい。今は家族が支えてくれているけれど…」と不安をのぞかせる。「でも、ここで勉強になることはいくらでもある。頑張っていけば変われるはず。早く独り立ちしたい」とはにかんだ。

(玉嵜栄次、写真も)

     ◇

 まつもと・ゆか 平成3年3月、三島市生まれ。19歳。ドール服の製造販売業を営む両親と3人暮らし。詩や小説の創作が趣味。

【関連記事】
ビジネスに“萌えーる”女子大生 静岡
“女装イケメン”竹内力、東亜学園けん引
水戸でコミケ開催 コスプレや“萌え商品”でにぎわう
萌え?燃え?メイドが出勤時に激励「いってらっしゃいませ!」
メイドが服を選んでくれるジーンズメイト 秋葉原に登場

<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)
政府案「真剣に検討中」=普天間、日米協議はこれから−鳩山首相(時事通信)
<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。