So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)

 北海道小樽市の「おたる水族館」で11日に生まれたばかりのトドの赤ちゃん「レタラ」が15日朝、プールの底で死んでいるのを飼育員が見つけた。レタラは体毛が白い「白変個体」のメスで、名前はアイヌ語の「白」。トドは生まれて1週間ほどは水に慣れないため、夜の間にプールに落ちておぼれた可能性が高いという。

 同館によると、通常は母親が赤ちゃんを水辺に近付けないようにしているが、母親のマモコ(9歳)は子育てが初めて。出産後はエサを食べる量が減り、落ち着かない様子が続いていた。【坂井友子】

【関連ニュース】
<悲報…>生まれたときの記事 白色のトドの赤ちゃん
<トドの赤ちゃん 普通はこんな色>毎日水族館
<そのほかの海獣もいっぱい>
<写真特集>美しい日本の海 命あふれる水の世界
<写真特集>南極地域観測隊:奇跡のバランス地球

ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)
「すべての命を大切に」=池田小児童殺傷で追悼式―大阪(時事通信)
<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
菅首相 「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
南アW杯 人種の壁越え開幕(毎日新聞)

職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)

 樽床伸二衆院議員の記者会見要旨(3日)

 【政治姿勢】

 私は職人の家庭に生まれ、普通の家に育った。祖父はケガで失明し、父は大変苦労して私を育ててくれた。祖父や父の姿をみて、努力が報われる社会でなければならないと心に強く刻むようになった。そのために政治の役割は大きい。

 【党の体制】

 次なる体制に向け全力で歩まないといけない。世界のリーダーはどんどん若返りしている。世代交代の流れを作り出したい。小沢幹事長の存在感は大きいが、「親小沢」「反小沢」の2極に分ける考え方には立たない。どのグループも民主党の仲間だ。思いを一つにやっていきたい。

 【重点施策】

 行政改革が必要だというのはだれしも異論がない。最初に取り組む施策は衆院議員の定数80減だ。社会保障関連分野と財政再建の両立には、消費税との連携がどうしても必要だ。抜本的な制度改革を提示できる段階で国民に信を問う。米軍普天間飛行場移設問題は沖縄の負担軽減に向けて、根気強く取り組みたい。参院選公約は現状を受け継ぐ。9月の代表選で本格的な変更は議論すべきだ。

 【消費税】

 財政の不足を補うという発想でなく、高齢化社会で増えていく社会保障関連分野の財源としての消費税という発想に立つべきだ。

 【社民党との連立】

 もう一度連立協議をお願いする。政策的にきちっと一致をするかどうかが(協議の)大きなポイントだ。

野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
大阪、神戸で79件 貴金属店荒らし、最終送検(産経新聞)
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)

「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態(産経新聞)

 「天下りの高額報酬などの問題が解決するまでは、宝くじ販売を認めるべきではない」。21日の事業仕分けで出た“庶民生活直結”の判定。仕分け会場は、約200人の一般傍聴席からやじと拍手がわき起こる“興奮状態”の中で行われた。

 会場の空気が盛り上がりを見せたのは、宝くじの普及広報を行う財団法人自治総合センターが、首相官邸近くの超高級ビルに入居していることを仕分け人が指摘したときだった。

 「常勤15人で500坪近いオフィスを、年間1億8千万で借りている。なぜこの場所でなければならないのか。宝くじという『庶民の夢』が賃貸料に使われているのをどう感じるか」

 センター側が「たくさんの人が訪れるので…」と釈明すると、傍聴席から「ふざけるな!」。

 進行役が傍聴者に対して「お声を発したい気持ちがあるかもしれないが、ご協力を」となだめた。

 その後も、「宝くじで支出を受ける6法人の平均の役員給与額は1941万円」などの指摘が出るたびにどよめきが起こり、「ばかにするな」などのヤジが飛んだ。

 最後に、仕切り役の寺田学衆院議員(民主)が宝くじの「販売停止」を結論として述べると、大きな拍手がわいた。傍聴した東京都世田谷区の男性(55)は「宝くじで外れたお金がどう使われているか、関心があった。役員報酬が2千万円なんて常識外れだ」と怒りをあらわにした。

 寺田氏は終了後、販売停止について「あれより弱いものを出せば、傍聴者の反発は強かったろう」と述べる一方で、「会場の雰囲気で仕分けの結論を変えたことはみじんもない」と強調した。財団側からは「事業全体を理解していない」などの批判が聞かれた。

【関連記事】
「問題解決するまで宝くじ販売やめよ」 事業仕分け第2弾
「適切ですか」「根拠は」天下り法人をバッサリ 事業仕分け
不透明配分、独占販売…仕分け、宝くじ協会などメス 
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人
中国が優等生路線に?

緊急無線、特殊気象で無関係の電車も止める(読売新聞)
沖縄県民の同意得られなければ総辞職を 渡辺氏(産経新聞)
ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)
取扱目標達成の港湾、12.7%=計画見直し求める―前原国交相(時事通信)
<普天間移設>民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし(毎日新聞)

原田大二郎「吉田松陰の教え説く」…参院選出馬会見(スポーツ報知)

 俳優の原田大二郎(66)が18日、山口市内で会見し、夏の参院選山口選挙区(改選数1)に民主党から立候補することを表明した。長男がイジメを受けた体験を持つ原田は、涙で言葉を詰まらせながら「日本人にもう1度、思いやりの心を思い出してもらいたい」と熱弁をふるった。

 2歳から高校卒業までを山口で過ごし、体には長州藩が生んだ志士の教えが染みついていた。「吉田松陰先生も、思いやりを一番に掲げられていた。高杉晋作らに一生懸命説いていたようでございます」。俳優デビュー間もない71年、テレビドラマで高杉晋作役を演じたという原田は、思いやりをキーワードに、教育・福祉の充実に取り組む決意を示した。

 民主党から打診を受けたのは4月末から5月上旬ごろ。ずっと民主党を支持していたといい、「なんで民主党は僕を誘わないんだ、と思っていた。やっとあこがれだった党から立候補できる」と、会場全体に響き渡る声で熱意を訴えた。

 首相経験者の岸信介氏を祖父、安倍晋三氏を実兄に持つ岸信夫参院議員(51)が再選を目指す同選挙区は、自民党の地盤が強固な保守王国。会見した小沢一郎幹事長(67)も「原田候補で勝利できなければ、とてもこの選挙区で勝つことはできない」と強調。原田は「山口の伝統は教育。私がパイプ役となって全国に届けたい」と、自ら長州藩の志士となって国を変えるつもりだ。

 【関連記事】
原田大二郎が民主党から出馬…山口選挙区
原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区
民主党が原田大二郎氏擁立へ
原田大二郎 山口選挙区 民主党 を調べる

マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)
トヨタ社長 「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
口蹄疫拡大で動物園休園、ヤギやキリン感染防止(読売新聞)
子ども手当申請書に本来不要な年金番号記入欄(読売新聞)

赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見−熊本(時事通信)

 育児が困難な親が匿名で乳児を託せる慈恵病院(熊本市)の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)が10日で運用開始から3年となり、同病院が同日、記者会見した。蓮田太二理事長は「救われた赤ちゃんが幸せに暮らしている。やって良かったという思いでいっぱい」と振り返った。
 一方、実際にポストの運営を担当する田尻由貴子看護部長は、望まない妊娠などで育児が困難ながら出産間近など、緊急の対応を要する相談もいまだに全国からあるとした上で、「公的な相談体制はまだ不十分。全国の相談を一民間病院が担っていいのか。それぞれの自治体に真剣に考えてほしい」と述べた。
 赤ちゃんポストには開設から昨年9月までに51人が預けられた。親からの連絡などで39人の身元が判明、うち7人が元の家庭に引き取られた。 

<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕−警視庁(時事通信)
「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)

メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)

 【起業を目指す常葉学園短大2年、松本結花さん】 「世界中でアニメやコミックの市場は未知数です。今や“萌(も)え”は市場を確立しています」。2月に開かれた創業支援施設「SOHOしずおか」(静岡市葵区)主宰のビジネスプランコンテスト。居並ぶ経済産業省の職員や女性起業家ら審査員を前にメード服姿で堂々と“事業計画”を説明する姿は若手実業家を思わせた。

 「就職難の学生が特技を生かして働く場所をつくりたい」と、友人2人と大好きなアニメを使ったビアガーデンの販売促進策を提案。市場分析を基にしたグッズや宣伝策の提案に「熱意が伝わった。特徴的で実現可能だ」と評価され、学生部門で優秀賞に輝いた。

 この経験を生かし、今月9日に同市清水区のエスパルスドリームプラザでドール服や携帯電話ケースを販売する「アリス トライアングル プロダクション」を5月末までの期間限定で出店した。夢は空間プロデュース会社の設立だ。「テーマパークのような誰もが楽しめる空間を作り出したい」と語り、県内外から訪れるドールファンの接客や商品の説明に精を出す。

 特徴でもあるメード姿にファンから記念撮影を頼まれることも珍しくない。だが、あどけない表情でカメラに収まる表情はまだ短大生。「商業ベースでものを考えるのは難しい。今は家族が支えてくれているけれど…」と不安をのぞかせる。「でも、ここで勉強になることはいくらでもある。頑張っていけば変われるはず。早く独り立ちしたい」とはにかんだ。

(玉嵜栄次、写真も)

     ◇

 まつもと・ゆか 平成3年3月、三島市生まれ。19歳。ドール服の製造販売業を営む両親と3人暮らし。詩や小説の創作が趣味。

【関連記事】
ビジネスに“萌えーる”女子大生 静岡
“女装イケメン”竹内力、東亜学園けん引
水戸でコミケ開催 コスプレや“萌え商品”でにぎわう
萌え?燃え?メイドが出勤時に激励「いってらっしゃいませ!」
メイドが服を選んでくれるジーンズメイト 秋葉原に登場

<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)
政府案「真剣に検討中」=普天間、日米協議はこれから−鳩山首相(時事通信)
<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)

矢野氏「舛添さんを支えたい」 参院選出馬に含み 栃木(産経新聞)

 舛添要一前厚生労働相が旗揚げを予定している新党をめぐり、舛添氏とともに22日、自民党を離党した矢野哲朗参院議員が同日、宇都宮市内で、記者団の質問に応じ、「(参院選で)比例代表に10人擁立する予定だが、人数がそろわなければ、(自分が出馬する)可能性は全くないとはいえない」と参院選への出馬に含みを残した。

 新党への参加理由は「今の自民党は内向きになっており、舛添さんのことを党内批判ととらえ、排除の論理が働いている。国民に期待され、支持率の高い舛添さんの思いを生かし、支えたいと思った」と説明。今後の活動については「新党の党勢拡大に努めたい」と述べるにとどめた。

 矢野氏は同日、同市内で開かれた支持者の集会でも「いざというときには(出馬も)ありえる。もうひと汗、国家のために働きたい」と話したという。

【関連記事】
舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
舛添新党との連携、橋下知事が否定
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に
舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求

首相動静(4月18日)(時事通信)
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
小池参院議員が自民を離党、無所属で参院選出馬(読売新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)

 心臓に障害を持つ愛知県豊橋市の小池勝則さん(当時37歳)が死亡したのは、勤務先の家電量販店の過重労働が原因だとして、妻友子さん(40)が労災認定を求めた訴訟の控訴審判決が16日、名古屋高裁であった。高田健一裁判長は身体障害者の労災認定について「平均的な労働者でなく、本人(の障害の程度)を基準に考えるべきだ」とし、業務と死亡の因果関係を認定。

 原告側の請求を棄却した1審名古屋地裁判決を取り消し、労災を認定する判決を言い渡した。

 専門家によると、過労死訴訟判決では「平均的な労働者」を基準に労働が過重だったかどうかを判断するのが一般的で、身体障害者について本人の障害程度を判断基準に示した判決は極めて珍しいという。

 1審判決は、心疾患のリスクが増えるとされる時間外労働は月45時間だとして、小池さんが月33時間の時間外労働をしていたことについて「心停止を発症させる原因になり得るほど過重だったとはいえない」と認定した。これに対し高裁判決は、身体障害者雇用促進法などで障害者の職務が過重とならない配慮が求められていることを示したうえで「業務による負荷が過重かどうかの判断は小池さん本人を基準にするべきだ」と指摘。

 小池さんの業務を過重労働だったとして死亡との因果関係を認めた。

 判決によると、心臓に障害を持つ小池さんは97年に身体障害者手帳(3級)の交付を受けた。00年11月に家電量販店に身体障害者枠で採用、店内での販売業務をしていたが、同12月、不整脈で死亡した。友子さんは01年11月に労災認定申請をしたが、豊橋労働基準監督署は不支給としていた。【高木香奈】

【関連ニュース】
記者過労死:原告の請求棄却 東京地裁
公務災害:教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 糖尿悪化死亡、業務と関係否定−−東京地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 時事通信社社長室の話
公務災害認定訴訟:「生徒暴力で教師自殺」認定−−大阪地裁判決

「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
<関西3空港>座長「じゃんけんしてよ」 大阪、兵庫舌戦やまず−−懇談会(毎日新聞)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
<石巻2人刺殺>17歳少年を逆送…仙台家裁決定(毎日新聞)

<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)

 薬害C型肝炎訴訟の全国原告団代表、山口美智子さん(53)=福岡市=の自叙伝「いのちの歌〜薬害肝炎、たたかいの軌跡」(毎日新聞社刊)の出版記念会が13日、東京都千代田区のパレスサイドビルで開かれ、原告や弁護士、国会議員ら約100人が出席した。

 呼びかけ人の一人で自民党時代に訴訟の解決に関与した与謝野馨・新党「たちあがれ日本」共同代表が乾杯の音頭を取り、長妻昭厚生労働相は「一行一行に行政として考えさせられる部分があり、本の内容を踏まえ行政に当たりたい」と述べた。山口さんは「原告の仲間や支援者に支えられここまで来られた。問題の全面解決まで闘い続けたい」と語った。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
薬害C型肝炎:全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝
薬害C型肝炎:「医薬品基本法」制定を 有識者会議
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月
薬害C型肝炎訴訟:原告団代表・山口さんが自叙伝 「命、政治に翻弄され」

首相、公約修正に前向き 連合の見直し要望受け(産経新聞)
山崎直子宇宙飛行士 物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん−井上ひさしさん死去(時事通信)

<火災>住宅全焼、焼け跡から男性遺体 千葉・富津(毎日新聞)

 8日午前5時35分ごろ、千葉県富津市湊、無職、柑子山(こうじやま)貞政さん(75)方から出火、木造平屋建て住宅約51平方メートルを全焼した。焼け跡から柑子山さんとみられる男性の遺体が見つかった。屋内から火が出たとみられ、県警富津署は出火原因を調べるとともに遺体の身元確認を急いでいる。同署によると、柑子山さんは1人暮らし。付近住民が火災に気付き、110番通報した。【駒木智一】

【関連ニュース】
マンション火災:重体の父親死亡 川崎
火災:粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮
火災:2歳女児が死亡、父と4歳兄は心肺停止…川崎
火災:深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区
車両火災:ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田

公務員法改正案、衆院で審議入り(産経新聞)
<普天間問題>沖縄県内移設に反対…国会前で座り込み(毎日新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
「地域主権」関連3法案、参院で審議入り(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。